そよ風の吹く週末の明け方は微笑んで

アナタが想像する「罠」と、多くの人が思っている「ジントニック」は、もしかしたら全く違っているかも。そうやって思うと、ちょっぴり変な感じがしない?

アナタが想像する「罠」と、多くの人が思っている「ジントニック」は、もしかしたら全く違っているかも。そうやって思うと、ちょっぴり変な感じがしない?

のめり込んで大声を出す兄弟と飛行機雲

仕事で、日光へ向かうことが非常にたくさんあった。
北関東地方にある日光市は栃木県にあり、海に面していない県で、多くの山に囲まれている。
もちろん、寒い時期には積雪し、除雪車やチェーンは必須だ。
紅葉が始まると、東北道で、2泊3日で行って、帰って、また2泊3日という状態が多く、雑誌などメディアで日光の様子が紹介されると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は見てきてほしい所だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、ツーリストたちのメインは日光東照宮。
江戸を治めた徳川家康の眠っている所で、独特な雰囲気に驚くだろう。
もう一つ、高い山の上方に位置する日光湯元。
硫黄泉らしく、乳白色で熱い湯。
この温泉に入ると冷えも治ると思う。
日光東照宮建立当時、こちらの温泉街を目指して多くの湯治客が集まったようだ。
情景が思い浮かべられる歴史の深い場所が日光。
小さな民宿の紹介も兼ねて、情報誌などに多く載っている栃木県日光市に、ぜひまた行ってみたいと思う。

雪の降る日曜の午後に友人と
飲み会などのお酒のお供に、そこそこ健康に良い食材を!と思っている。
しばらくのおつまみは焼き葱。
もっと前はシシャモ。
そして、最近は、鰻だけれど、少々高めなのであきらめた。
そして、新メニューを考え出した。
スーパーで80円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、バターで炒めて、味の素と醤油を適量使用し整えたもの。
とても価格は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

余裕でダンスする姉ちゃんとわたし

ここ最近、子供が運動場で楽しまない。
暑すぎるからだろうか、おもちゃがめっちゃ楽しいからか。
わずか前までは、大変公園に行きたがっていたのに、今は、そんなに出かけたがらない。
考えるに、父としては、今のところ困ることもなく、気にしないが、だが嫁はわずかでも考えている。
けれど、暑すぎる場所で遊ばせるのも心配だ。

怒って踊る君と私
最近、歴史小説を精読するのはわずかになったが、昔に水滸伝の北方謙三版に没頭し読んでいた。
違う作者の水滸伝を読んだ時は、つまらなくて、魅了されなかったが、水滸伝の北方版を読みあさったときは、心ひかれ、読むのが止まらなかった。
会社の業務の昼休みや家に帰ってからの食事中、湯船の中でも読んで、1日一冊ずつ精読していた。
キャラクターが人間くさく、男気熱い作中人物がすごく多く、そういったところに熱中していた。

夢中で歌う家族と冷たい雨

久しぶりに、麻衣子と明日香とツアーに行きました。
2人は、私の学生時代の仲間で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般とトイックなので、旅行が趣味だという学生たちであふれていました。
なかでも、明日香と麻衣子を含む仲良し6人で世界各国へ旅行に行った思い出は忘れられません。
私は元々それ程仲のいい友人が多い方でもないし、しかもそれで良いと思っています。
なので、すごく嬉しい言葉だけど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのも喜ばしい事でした。

気分良く叫ぶ姉ちゃんと公園の噴水
太宰の人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの考えも共有できるな〜感じた。
主役の葉ちゃんは人間なら誰しも持ち合わせている部分を、多く抱えている。
それを、内側に隠さないでアルコールだったり女性だったりで解消する。
ラストで、行きつけのバーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
ここで初めて、主人公の葉ちゃんは器用ではないんだと、本当に切なく感じてしまう。

湿気の多い休日の早朝はひっそりと

暑い季節は生ビールが非常にうまいけれど、ここ最近あまり飲まなくなった。
20歳のころは、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日に残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はものすごくあこがれ、行くのがすごく楽しみだったけれど、会社の関係でうんざりするほど行って、俺の中では、今では、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関わりですごく久々にビアガーデンに行った。
とっても久々にうまかったけれど、調子にのってとても飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

薄暗い祝日の深夜に焼酎を
普段、仕事や家の中の事に手一杯で、ほとんど空いた時間がない。
ほんの少しフリーがあっても、自然に次の仕事の予定など、何かしらの詳細が心にある。
そんな状態で一日時間ができると、非常に嬉しくなってしまう。
さて、この少しだけ空いた時間を何に使おうかと。
最終的には毎回、あれしたい、これも、といった願いのみが募り、完全には達成できない。
そして私はマイペースなので、気付けば時間は経過。
時は金なり、という言葉はまさに的確だと思う。

勢いで話すあの子とぬるいビール

御盆が間近になって、「とうろう」などの催し物が近所で実行されている。
近所の観光施設では、竹やペットボトルで作ったとうろうが飾られていた。
近辺の観光施設では、暗くなってからは電気の照明は付けられてなくてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけというのは、すごくきれいだった。
竹やすだれの中でろうそくが輝いていて、繊細な灯りになっていた。
繊細な灯火が近くの樹々を照らしていてものすごくきれいだった。

雨が上がった週末の明け方に椅子に座る
ちかことニューヨークのアバクロンビー&フィッチに入店した。
私はここのシンプルなコーデが好き。
あと、入った時の空間デザインと、この匂いが。
2時間程みて、Abercrombieを出た。
知佳子に言われて、自分が通路を占領して歩いていたので、失礼しました!と言って振り返る。
そういえば、店員さんだと思っていた男性。
笑って、大丈夫ですよ、と言われた。
目についたのは、抱えている手荷物。
Abercrombie & Fitchでどんだけ買い物したの?って聞いてみたかった。
次に入店した、スターバックスでチカコとその男の人の収入予測で盛り上がった。
ANSWERは永遠のなぞだ。


ページの先頭へ